猫をさまざまな寄生虫から守る、革新的なレボリューション

人間にも寄生する虫

草原を駆ける猫

猫に付く虫はさまざまなものが存在しますが、体の内側に付く虫も恐ろしい物になっています。
特に猫の体内に多いのは回虫です。回虫は細長いミミズのような寄生虫で、見た目からして恐ろしさにあふれています。
回虫が引き起こす症状は食欲不振、お腹の異常な膨れ、嘔吐、下痢などがあります。何度も嘔吐したり、食べ物ではないものを食べたがるなどの異常行動が見られた場合は注意しましょう。
時には嘔吐物に回虫そのものが生きたまま出てくることもありますので、決して気持ちのいいものではありません。なるべく早く治療を行ってください。

回虫の治療にもレボリューションが効果的です。レボリューションを猫の首の後に垂らすと、そこからどんどん吸収されていき、体の内側にも届きます。
体内に存在する回虫の成虫はレボリューションの効果で駆除できます。ただ幼虫は残ってしまうので、一度レボリューションを使っても安心せず、次の月も継続でレボリューションをしてください。
連続で使用することによって成虫になった回虫を駆除できますので、継続利用が前提だと覚えておきましょう。

回虫は糞から他の猫や、時に人間にまで感染しますので、感染が発覚した場合はすぐにレボリューションを使用しましょう。
というより、あらかじめレボリューションを使用しておくことで回虫の感染を予防するのがベストですね。多頭飼いしている方は、一匹でも回虫が見つかった時点で全ての猫にレボリューションを使用するのが無難です。
猫の症状は出ないことがあっても、人間にはさまざまな激しい症状が見られますので、自分の身を守るという意味でも、かならずレボリューションで回虫を防いでください。